【はてなブログ】カスタムURLの設定してる?設定する理由と方法を解説します

f:id:taninote:20181115174031j:plain

こんにちは。たに(@taninote)です。

カスタムURLの設定、忘れていませんか?はてなブログ無料版でも設定できるのに、使っていない人が多いです。設定を忘れていると、後から面倒なことになるので、今日から使い始めることをおすすめします。

カスタムURLとは?

各記事のURLの「entry/」から後ろを、好きな文字に変更できる機能です。

例:この記事のURLの場合

「entry/」以降の「hatenablog-custom-url」は、わたしが自分で設定しています。

設定場所

f:id:taninote:20181115180334j:plain

記事の作成画面→歯車をクリックして「編集オプション」に進むと設定できます。

カスタムURLを使う理由

データ分析に役立つ

Googleアナリティクスやサーチコンソールを使うと、各記事はURLで表示されます。はてなブログのアクセス解析のように、記事タイトルは表示されません。

例:Googleアナリティクスの表示はこんな感じ

/entry/2018/10/10/274638
/entry/2018/10/15/174630
/entry/2018/10/16/947264

これでは、URLを見ても、どの記事なのか判別できません。一方、カスタムURLを設定していれば、下記のように表示されます。

例:カスタムURLを設定した場合

/entry/hatenablog-pro
/entry/movie
/entry/english-study

これなら、各URLから記事の内容が分かりますね。

今、はてなブログのアクセス解析を使っている人も、近いうちに、Googleアナリティクスやサーチコンソールを使い始めると思うので、カスタムURLを設定しておきましょう。

Googleが推奨している

Googleは、シンプルで分かりやすいURLを付けることを推奨しています。

上記の記事を簡潔にまとめると「情報を探しているユーザーがURLを見たときに、必要な情報が記事に載っているか判断できるURLを付けましょう」という感じ。

映画に関する記事なら「movie」をURLに入れるなど、意味のある単語を使うようにも勧めています。

カスタムURLの付け方

英数字を使う

はてなブログは、記事のタイトルをURLに設定することもできますが、日本語のURLはおすすめしません。リンクを貼るときに長くなるからです。

例:日本語のURLの場合

https://taninote.com/entry/2018/11/15/日本語のURLは長くなるって本当?

上記URLをコピペすると・・・

https://taninote.com/entry/2018/11/15/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AURL%E3%81%AF%E9%95%B7%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9C%AC%E5%BD%93%EF%BC%9F

上にある日本語のURLをコピー&ペーストすると、実はこんなに長くなります。日本語のURLでも、SEOには問題がないそうですが、英数字を使うことをおすすめします。

日本語のURLが長くなる理由など、もっと詳しく知りたい方は、下記の記事が分かりやすいです。読んでみてください。

ハイフンを使う

Googleはハイフンで単語を区切ることを勧めています。

例:

「/entry/greendress」ではなく「/entry/green-dress」とする

※アンダーバーではなく、ハイフンを使ってくださいね。

もっと詳しく知りたい方は、先ほど紹介したシンプルな URL 構造を維持する - Search Console ヘルプに書いてあるので、参考にしてください。

カスタムURLの例

わたしは英単語2~3個でURLを付けています。

例:1つ目の単語にカテゴリーを持ってくる

/entry/hatenablog-url
/entry/hatenablog-comment
/entry/hatenablog-pro-domain

個人的には、上記のようにカテゴリーを意識してURLを付けると分かりやすいです。または、単純に、記事の要点を表す英単語2~3個でURLを付けています。

今までカスタムURLを設定していなかった方、これからはぜひ活用してください!

 

<余談>

わたし自身、ブログを始めたばかりの頃はカスタムURLには全く気付かず、設定していませんでした。「誰か、もっと早く教えてよー!涙」と思ったので記事にしています。誰かの参考になれば幸いです。

それでは、またね~