HSP診断テストをやってみた。あなたもHSPなら共感できるかも?

こんにちは。

HSP診断テストをやってみたので、各質問項目と私の結果をまとめます。

先に結論をお伝えすると、私は全23項目中17項目に当てはまるHSPでした。あなたは何項目に当てはまるでしょうか?

HSP診断テストとは

HSPは「Highly Sensitive Person」の略で、日本では「敏感すぎる人」などに訳されます。詳しく知りたい方は、こちらの記事「HSPに1番おすすめの本は「繊細さんの本」読むと心が楽になる1冊【感想】」をご覧ください。

自分もHSPに当てはまるか調べたい方は下記のサイトがおすすめです。

HSPセルフテスト

Are You Highly Sensitive?

アメリカの心理学者アーロン博士の公式ホームページです。

全27項目の診断テストができます。もちろん無料で見れますよ。

 HSP診断テストの結果

各質問項目と私の結果を紹介します。

今回使う診断テストは『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』からの引用です。質問は全部で23項目あり、12個以上の質問に「はい」と答えると、おそらくHSPに当てはまると言われています。(少しでも当てはまるなら「はい」と答えてOKです。)

それでは診断スタート!

1.自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

当てはまるかな。

自然環境だと、季節ごとの香りや空気感の変化に敏感だと思います。あとは、職場や家の中の物理的な変化にも気づきやすい方かな。

昔、私が家を片付けても一切「ありがとう」と伝えてくれない同居人がいたんです。「どうして何も言ってくれないの?」と思っていたけど、同居人は片付けられたことに気づいていなかったらしい。感覚の違いに驚きました。

2.他人の気分に左右される

ものすごく当てはまります。

職場の上司の気分に左右されることが多いですね。上司と顔を合わせたときに「今日の上司は苛立ってるな」「怒ってるな」と感じると、私までブルーになったり苛立ってしまいます。自分の軸を持ちきれないのです。

また、部下の悩みごとを聞くと同情してしまい私の気分も落ち込むことがよくあります。辛い気持ちを聞いたり、悲しいニュースを見ると心がキュッと締め付けられますね。

3.痛みにとても敏感である

ものすごく当てはまります。

例えば、病院で注射されるのは大嫌いですし、そもそも注射されることを想像するだけで、前頭部のあたりが気持ち悪くなります。

幼いころの私は転んだときや怪我をしたときに、ものすごく泣く子どもだったそうです。これもHSPと関係があるのかな?

4.忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃げられる場所にひきこもりたくなる

ものすごく当てはまります。

私は1人の時間がとても大切なタイプです。例えば、卒業旅行など大人数で出かける時も、夜にひっそりと離れて1人の時間を作っています。また、誰かと同居しても1人きりになる時間が欲しくなり、仕事から帰ると自分の部屋にこもることが多いです。自分だけの時間・場所を作らなければ、気を抜いてリラックスできません。

5.カフェインに敏感に反応する

これは当てはまらないですね。

コーヒーが大好きなので毎日飲んでいますが、眠れなくなったり体調を崩したことはありません。

6.明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

当てはまります。特に匂いとサイレンの音が苦手です。

バスや乗用車の独特な匂いや、石鹸などを販売する店舗から漂う匂いが苦手です。また、サイレンの音は聞くたびに不安な気持ちになってドキドキします。例えば、救急車のサイレンを聞くと、中にいるであろう患者さんの容体を想像してしまって苦しくなります。

匂いが苦手なので車に乗るときは自然と口呼吸になります。子ども時代からの癖です。

7.豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい

当てはまります。

ぼーっとしながら独自の世界を妄想しています。笑

8.騒音に悩まされやすい

当てはまらないです。

今まで周りの音がうるさくて困ったことは特にありません。

9.美術や音楽に深く心動かされる

ものすごく当てはまります。

特に音楽に心を動かされることが多いです。素晴らしい演奏を聴くと、これまでに経験したことがない波のようなものが心に押し寄せてきます。

ちなみに好きな曲は「ラプソディー・イン・ブルー」のだめカンタービレで有名になった曲です。

10.とても良心的である

当てはまるのかな。この設問は回答するのが難しいですね。

人が喜ぶように細やかな気配りをしたり、つい誰かのために頑張りすぎてしまうことは多いです。

11.すぐにびっくりする

ものすごく当てはまります。

後ろから急に声を掛けられるとびっくりするので思わず声を上げてしまいます。私の反応が面白いらしくドッキリを仕掛けられることもしばしば。

12.短期間にたくさんのことをしなければならないとき、混乱してしまう

当てはまります。

仕事が溜まってくるとかなり焦ってしまい、どれから手を付ければいいのか分からなくなることも。そんなときは、紙にToDoを書き出して上から順に1つずつ作業していくと心が落ち着きます。

13.人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく 

当てはまるかな。

授業中に先生が困っているなと感じたときは、空気を読んで挙手するような子どもでした。

14.一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ

当てはまります。2個上の回答と同じ理由です。

15.ミスをしたり物を忘れたりしないようにいつも気をつける

当てはまるかな。

きっちりした仕事が求められるときはミスがないか何度も何度も確認しちゃいます。また、財布のような必需品は忘れていないか不安なので毎朝カバンの中を確かめますね。でもいつも完璧なわけではありません!

ブログ1記事を更新するにも「ミスはないか?もっといい言い回しはないか?」と文章を何度も読み返すので、書き終わるまですごく時間がかかります。

16.暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

ものすごく当てはまります。

暴力シーンや戦闘シーンは大の苦手です。例えば、子どものころにハリーポッターを見ましたが、戦うシーンでハラハラしたり暗い場面が多い印象が残っているので、大人になった今でも避けています。

ディズニーアニメの映画など、必ずハッピーエンドで終わると分かっているような映画や温かいヒューマンドラマは劇場でも見るのですが、基本的に映画館は苦手ですね。必要以上に感情移入してしまうので怖いです。

17.あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる

やや当てはまるかな。

コールセンターに勤めていたときは、同じ部屋内の電話が鳴りまくる+たくさんのオペレーターが同時に会話している状態だったので、今思うと辛かったですね。特に、誰かが怒られていると私まで緊張します。

18.空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

これは当てはまらないですね。あまり意識したことがありません。

「空腹 集中力」と検索すると「空腹の方が集中できる」という意見と「空腹は集中できない」という意見に分かれていました。私は、どちらかと言うと「集中できない」タイプになりますが、とても強い反応が出るわけではないと思います。

19.生活に変化があると混乱する

当てはまらないです。

「生活」には、引っ越し、転校、転勤、結婚などが該当するそうです。私が経験したのは引っ越しくらいですが、新しい土地に住むのは好きですし、ある程度の刺激を求めて生きています。私は、繊細だけど刺激を求める「HSP/HSS」なのかもしれません。

【補足】HSP/HSSって何?

HSP/HSSとは

移り気である。HSPの敏感さとHSSの衝動性の両方をもつため、神経の高ぶりの最適レベルの範囲が狭い。つまりすぐに圧倒されるが、同時に飽きっぽい。新しい経験を求めるが、動揺したくないし、大きな危険は冒したくないのである。

出典:HSP/HSS 2つの両極端な二面性を持つ人 自分らしさがわからず周りから理解されにくい敏感な人達 少数派の説明書10 | 海と空を飛ぶ

あなたは刺激追求型HSP?セルフテスト

High Sensation Seeking Test

上記リンクでは自分が「HSS」に当てはまるか診断することができます。

繊細だけどアクティブな人はHSSかも?私はHSSの説明文に当てはまることが多かったです。

20.デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

当てはまります。

特にコーヒーやお花の香りが好きです。オーケストラの音の響きやハーモニーを味わうのも好きです。

21.動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

当てはまらないですね。

私は海外1人旅が好きなのですが、ちょっとしたハプニングを心のどこかで待ち望んでいるタイプです。先述のとおり、やはりHSSの気質も持ち合わせていると思います。

22.仕事をするとき、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

ものすごく当てはまります。

特に上司に見られていると、思うように仕事ができません。競争が苦手な平和主義者でもあります。

23.子どもの頃、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

当てはまらないかな。

親や教師に直接言われた記憶がないので、当てはまらないと考えています。

もしかすると、伝えられていないだけで「内気な子ども」だと思われていたのかも?

まとめ

以上、23項目のうち17項目に当てはまる結果となりました。共感してもらえるポイントはありましたか?

12項目以上に該当するとおそらくHSPと言われているので、私はHSP気質が強い人間だと思います。私の特性を理解して上手く付き合っていきたいです。

同じHSPであっても当てはまる項目は人によって全く違うと思います。他のブロガーさんの結果も見てみたい!

HSPの方にはこちらの記事もおすすめです。私の悩みが最も解消された本を紹介しています。

HSPの方に1番おすすめしている本はこちらです。(上記の記事内でも紹介している本です。)

それでは、また更新します。