taninote

明るい未来に生きたい 引きこもりのブログ

ニートの就活日記③メンタル不調で引きこもる1週間【低気圧のせい】

こんにちは。

前回記事「ニートの就活日記②引きこもりを脱して面接に行ってきました」の続きです。

面接に行った当日は「よし、これから頑張ろう」と前向きな気持ちになれたのですが、メンタルをやられて引きこもりに戻ってしまいました。

【前書き】低気圧と私の関係

私は昨年から気圧の変動に弱くなりました。

もともとは元気っ子なので「低気圧にやられるなんて体弱くない?(←ひどい)」なんて考えるタイプでした。

歳を取るにつれて(もしくは引きこもって体力が落ちるにつれて?)低気圧の影響をもろに受ける体質になってしまい、今は低気圧が来るたびに怯えています。

低気圧に負けて引きこもりに戻る

今回のメンタル不調はこんな感じでした。

昼まで寝る

毎朝8時にアラームをセットしていますが、その日は全く起き上がれず。気づけば昼12時をまわっていました。

やっと起き上がっても頭がすっきりしません。何かに取り掛かる気力もありません。

こんな日は低気圧が近づいていることが多いです。

風呂で泣く

今日は何か調子が悪いなと思いつつ夜を迎えましたが、お風呂でメンタルが崩壊しました。

シャワーを浴びながら、なぜか前職のことばかり思い出す。一気にネガティブな気持ちになって、お風呂に入りながら泣きました。

ベッドに横になっているときも「私には生きる価値がない」と思い泣く始末でした。

そんなとき、たまたま目に留まったツイートがこちら。

このツイートのおかげで、ネガティブになるのは低気圧のせい。低気圧が過ぎればもとに戻る。同じようにネガティブになっている人がたくさんいると思えたので、少し楽になりました。

メンタルが悪いときは「全部低気圧のせい」と考えて過ごしましょう。

1日中ベッドにいる

次の日も気分が落ちていたので1日中ベッドにいました。

寝転んでいると体力・筋力の低下を後から痛感することになりますが、こんな日はどうしようもありません。

結果的に1週間くらい家から出ず、引きこもり生活リスタートとなりました。

これがリアルな私の生活(就活)です。

まとめ

私のことを、ブログやTwitterを楽しむ元気な人だと思う方もいるかもしれませんが、いつも前向きなわけではありません。

むしろ思うように動けない日の方が多いです。

他の求職中の方も、それぞれ悩みながら頑張っているんだろうなと思っています。私も自分なりに前に進むぞ。

ちなみに今回の引きこもり生活は「好きなお菓子を買いに行くため」に打ち切ることができました。今は元気です。

それでは、また更新します。

【追記】低気圧に悩む方へ

有名なアプリ「頭痛ーる」のダウンロードをおすすめします。

 

私が前職を辞めるまでの話はこちら。

就活日記の始まりはこちら。