taninote

明るい未来に生きたい 引きこもりのブログ

【旅ノートの書き方紹介】おすすめはポケット付きリングノート!【旅をもっと楽しもう♪】

f:id:taninote:20190215211005j:plain

こんにちは。

今日は、私が国内・海外を旅する時に使っているリングノートを紹介します。

旅先での出会いを日記にまとめたり、ちょっとしたパンフレットやチケットも一緒に保存できる優れものです。

旅先での特別な思い出はふとした時に振り返ると、より一層大切なものに感じます。

あなたも旅手帳・旅ノートを持って旅に出てみませんか?

旅の思い出を残す方法

思い出を残すための定番といえば、やっぱり写真ですよね。

私は自撮りが苦手なタイプですが、いつもカメラを片手に旅をしています。

だけど写真と同じくらいおすすめするものが自分だけの旅ノートを作ること。

私はこのようなリングノートを持っていつも旅に出ています。

私の旅ノート

机がなくてもメモできる固い台紙がついたもの、サブバッグに入る小さなサイズのものが便利です。

左側の黄色ノートは100円ショップのもの。右側の青色ノートは私の愛用品です。

旅ノートをおすすめする理由

メモ用紙にできる

出発前には旅のルート、宿泊先の名前、旅の注意事項などをまとめます。

たとえネットに繋がらなくてもスマホを紛失しても、最初の宿には到着できるように情報をまとめておくと安心です。

ときには暇つぶしにも最適。時間の余る飛行機の中では、出発直後のわくわくした気持ちを書き残すといいですよ。

旅から帰って数年後に読み直すと、当時のフレッシュな気持ちを思い出せます。

旅先では、出会った人に教えてもらった料理店をメモしたり、言葉が通じないときに紙とペンを使って意思疎通を図ることもできます。

f:id:taninote:20190215185606j:image

左側には観光地名の現地語を書いてもらいました。これを見せれば英語が通じなくても目的地に辿り着けます。右側は仲良くなったドライバーさんの連絡先です。

旅の記録を残せる

旅先で出会った人や美味しかったもの、どのようなルートで旅をして、どのようなハプニングがあったのか。旅の記録をリアルに残すことができます。日記のように毎日記録を残すことがおすすめです。

f:id:taninote:20190215185633j:image

もらった地図やチケットもポケットの中に保存しています。これらを見ると当時のことを一気に思い出せます。

旅で得た感性を大切にできる

新しい土地に赴くと、日常生活で失っていた感性を取り戻せる気がしませんか?広い海を見て感じたことや、日本にはない熱気に触れて思ったことなど、旅先だからこそ感じることを書き残すのがおすすめです。

f:id:taninote:20190215191119j:image

ぼかして消していますが、写真の白い部分には当時の気持ちが書き殴られています。多いときには1日3ページくらい日記を書くことも。

旅を終えて日本で暮らしていると、旅先での想いは忘れていくもの。私は閉塞感を感じたときに旅ノートを読み返して、純粋な気持ちを思い出しています。

おすすめの旅手帳・旅ノート

スパイラルリングノート

私のおすすめは先ほどから登場しているリングノートです。値段は600~900円くらい。

f:id:taninote:20190215185654j:image

ポケットが付いていることに加えて、全面が紙で出来ているので好きなところに好きなだけ日記やイラストを描けるところがお気に入りです。

これはボーディングパスがモチーフになっている横型のもの。

同じシリーズの縦型もあります。ポップな色づかいが可愛い。 

しかしこの2点、現在は販売終了となっているそうです。まだ在庫は見つけられましたが近いうちに買えなくなるかも?

余談

このノートは「The End of the Plain Plane(さよなら退屈な飛行機)」というキャッチフレーズのもと実在したアメリカの航空会社「ブラニフ航空」がモチーフになっています。当時(1960~70年代)にしては珍しい派手な色づかいの機体やコスチュームを導入したことで伝説の航空会社と呼ばれているんですよ!

こちらのシンプルなデザインのノートは現在も販売中です。私が使っているものと同じようにポケットが付いています。 

トラベラーズノート

もう1つのおすすめはこちらのトラベラーズノートです。

使い込むほど味が出る皮素材のカバーが特徴。このカバーは1つ1つタイで手作りされています。

旅に持っていくのにも手頃なサイズ。海外のおしゃれなカフェやゲストハウスで思いの丈を書き綴りたいノートです。 

今回の記事で紹介したノートは全て「TRAVELER’S COMPANY」という会社が扱っているので、ぜひホームページも訪れてみてください。

旅人の心をワクワクさせるおしゃれな商品がたくさんありますよ♪

まとめ

旅は一期一会と言いますが、せっかくの素敵な出会いも、この目で見た景色も、何もしなければ記憶から薄れていくものだと思います。

だからこそ、自分だけの旅手帳・旅ノートを持って、旅に出てみませんか?

あなたの旅が何年、何十年経っても色あせない、より大切なものに変わるかもしれません。

f:id:taninote:20190216175702j:plain

それでは、また更新します。