英単語はイメージで覚える!英語脳を手に入れるための暗記法【英語学習のコツ】

こんにちは。

今日は、私がもっと早く気づきたかった「英語学習のコツ」の中から「英単語はイメージで覚えよう」をテーマに記事をお届けします。

こんな人に読んで欲しい

  • 日本語の意味と一緒に英単語を暗記している人
  • 1語1語に時間をかけて丁寧に暗記している人
  • 英語脳を手に入れたい人

私は、大学生になってから海外に行くようになり、現地で英語を話すうちに「英語のコツ」を理解するようになりました。

そしてコツが分かり始めて1年後、初めて受けたTOEICでは、思っていた以上の点数を取ることができました。

f:id:taninote:20190313170405j:image

ひとたびコツが分かれば、びっくりするほど英語力は伸びると実感しています。「英語を使えるようになりたい!」と考えている1人でも多くの人に同じ経験をしてもらいたいと思い、この記事を書いています。

この記事で分かること

  • 「英単語をイメージで覚える」この感覚が掴めるようになります

イラストを交えながら解説するので1分でさらっと読める記事です。ぜひ参考にしてください。

日本語と一緒に覚えていませんか?

英単語を暗記するとき、日本語の意味と一緒に覚えていませんか?

例えば、単語帳で暗記する人の場合、

  • local→地元の
  • common→共通の

このように「英語→日本語」と脳内変換しながら、英語と日本語セットで暗記する人が多いように感じています。

でも、実践的に英語を使うようになると、日本語が脳内に登場することはありません。

英語は英語のまま理解する

英語力を上げるには、英語は英語のまま理解する「英語脳」の感覚を身に着けることが大切なポイントです。

英語脳になり切れない人は、

このように脳内に日本語を介在させながら、英語を使っていると思います。

一方、英語脳の人は、

このような脳内イメージです。頭の中に日本語は一切出てきません。

だから、英単語を覚えるときも1語1語の日本語の意味まで正確に覚えなくてもいいのです。それ以上に、英単語を聞けば、ざっくりとしたイメージが脳内に湧きあがることが大切です。

英単語はイメージで覚えよう

でも「英単語を聞けば(見れば)イメージが脳内に湧きあがる」ってどんな感覚なの?

今からこの疑問に答えていきます。

あなたはこのように英単語を覚えていませんか?

  • Apple→りんご

英語→日本語と変換する暗記方法です。

対して、イメージで覚える人の頭の中はこんな感じです。

  • Apple→りんごのイメージが頭の中に湧く

Appleと聞けば、りんごのイメージがぼんやりと湧く感じです。英単語を聞いて、正確な日本語訳が出てこなくても、イメージが湧けばいいのです。

いくつか例を出してみます。

丁寧に学習している人ほど、

  • astronaut→宇宙飛行士
  • arrest→逮捕する
  • marry→結婚する

このように1語1語の日本語訳がぱっと出てくるレベルまで、暗記を頑張っているように思います。

でも日本語の意味を正確に覚えるよりも、英単語を聞いて(または見て)脳内にイメージが浮かぶことが大切です。

ではなく、

黒板の前に立つ先生の姿が、ぼんやりと頭に浮かべばOKです。

まとめ

単語は1語1語に時間をかけて暗記するのではなく、1語数秒で、脳内にイメージが湧いたらどんどん次の単語に進む学習法がおすすめです。

好きな単語帳1冊を選び、速いスピードで、何周も勉強するのが効果的ですよ!

以上「英単語はイメージで覚える」をテーマにお届けしました。少しでも参考になれば嬉しいです。

※今回の記事は、通訳者/翻訳者を目指す人のことは一切考えていません。ごめんなさい!

↓英語学習におすすめのYouTubeチャンネルはこちら

↓効果的な言語習得法について。一番大切なことは「あなたが楽しむこと」です

それでは、また更新します。